先輩社員の声

先輩社員の声

株式会社アイエムで働く先輩社員の声です。応募の参考にしてください。

湯灌入浴サービス事業

湯灌納棺師の先輩

大浦楓さん(九州SOGI専門学校 第一回生)
高校卒業後、長崎でブライダル関係の専門学校を探していたが、九州SOGI専門学校で学校説明を聞くうちに湯灌納棺師への興味を持ち、入学した。

湯灌入浴サービス事業

湯灌納棺師の先輩

大浦楓さん(九州SOGI専門学校一回生)
高校卒業後、長崎でブライダル関係の専門学校を探していたが、九州SOGI専門学校で学校説明を聞くうちに湯灌納棺師への興味を持ち、入学した。

湯灌納棺師のやりがいとは?

最初はご遺体を見たり触れたりすることが怖かったのですが、九州SOGI専門学校では働きながら学ぶというデュアルシステムがあり、授業の一環として実際に湯灌スタッフと一緒に現場を経験できたのが大きかったです。
実習では最初はわからないまま現場にいって見学するのですが、その中で湯灌スタッフの先輩方が、ご遺族に感謝されるのを見てすごいなと感じていました。卒業後に本格的に働くと家族の人に感謝されること、故人様をきれいに送り出すことに実感と達成感が沸いて、もっと良い仕事をして先輩たちに並びたいと思うようになりました。

先輩にきいてみました
朝の申し送り

1日のスケジュールと休みの日の過ごし方

湯灌納棺の仕事は前日もしくは当日にスケジュールが組まれるので、8時に出社後は備品のチェックや車への荷造り後、スタッフルームで待機をします。ご依頼がきたら基本2人体制で、ご依頼の葬儀場や個人様宅にお伺いいたします。就業は朝から夕方まで。夜中の対応はありませんが、アイエムは365日対応しておりますのでシフト制で対応をおこなっております。
休みの日は友だちとドライブしてONとOFFの切り替えを大事にするようにしています。

湯灌の仕事を迷っている方へ一言

最初はやれるかどうか不安なこともありますが、実際に湯灌納棺師として働くと、家族の人に感謝されることや故人様を自分でよりきれいにすることにやりがいを感じられることと思います。この体験は湯灌納棺師じゃないと味わえないと思います。ぜひ湯灌の仕事をしてほしいと思います。

現場に向かう大浦さん

求める人物像

特異なお仕事と思われがちですが、何も特別なことはありません。技術は後から必ずついてきます。まずは仕事へのやる気があり、思いやりの心がある人、人の話を聞いたり気遣いができる人を求めています。(マネージャー職より)

事業内容、採用に関するお問い合わせはお気軽にお電話かWEBサイトよりお問い合わせください。